独自ドメイン取得とレンタルサーバーの契約について

 ホームページの構成やレイアウト、ホームページに載せる原稿や画像の用意ができましたら、ホームページを作成してインターネット上に公開するためのドメイン取得と、ホームページのデータを保存するためのレンタルサーバーの契約を進めていきます。

独自ドメインの取得について

 インターネット上にあなたのホームページを公開するための独自のドメインを取得していきましょう。

 まず最初に、どのようなドメインがいいか考える必要があります。ドメイン名はあなたのホームページの看板となりますので、掲載する内容に直結・連想できる名前が良いかと思います。
 ドメインの文字数については、あまり長すぎると手入力やあなたが他の人に口頭で伝えたりする際に大変なので、適切な文字数にするのが望ましいです。

 あなた独自のドメインを取得するためには、独自ドメインの登録を受け付けている「レジストラ」と呼ばれる企業にアクセスする必要があります。

 「独自ドメイン取得」などでGoogle検索すると、様々なレジストラが出てくるかと思います。
 ちなみに、ソーシャルビジネス支援協会では、数あるレジストラの中でネットオウル社が提供している独自ドメインサービスを利用してドメインを取得しています。
 「.com」や「.net」が激安(1年目480円)というのも選定理由の一つですが、「.jp」や「.co.jp」、「.or.jp」などのドメインも取得可能なため利用しています。ページはこちらから参照できます。

レンタルサーバーの選定

 世の中様々なレンタルサーバーサービスがありますが、haikを使用する上で「PHP (ver.5.3以上) が利用できる」レンタルサーバーであることが必須となります。

 無料で使用できるレンタルサーバーもありますが、大抵は上記のPHPを使用できない環境です。有料のレンタルサーバーであれば大抵はPHPに対応しています。

 haikの公式サイト内で、haikの動作を確認しているサーバー一覧がございますので、この中から選定するか、独自ドメイン取得でご紹介しました、ネットオウル社が提供するレンタルサーバーを選択するのも良いかと思います。

 ドメインとレンタルサーバーを別々の企業で契約するよりも、1社でまとめてしまった方が支払も設定も楽ということもありますし、一番安価なプランで月額263円で利用可能です。尚、当協会にてhaikの動作確認検証済みです。ページはこちらから参照できます。